香港旅行 一人旅

過去に2度マカオに遊びに行った私。初めてマカオに行ってたとき、マカオタワーにあるバンジージャンプを見て、飛びたい!と思ったのですが、恐怖心のあまり飛ぶ事が出来ませんでした。

 

けど、いつか絶対にチャレンジしたいと思い、2度目の訪問で、挑戦する事になりました。

 

 

 

以下、私が体験したマカオタワーでバンジージャンプをするまでの流れとなります。

 

 

 

@マカオタワーの61階展望台に上がります。(展望台に上がるには、タワー入口正面のチケットオフィスでチケットを購入し、地下にあるエレベーターに乗り、一気に展望台に上がります。)

 

 

 

Aバンジージャンプに申し込みます。(タワー入口正面のチケットオフィスか61階にも受付があるため、そこで申し込みをします。私は61階で申し込みをしました。)

 

 

 

B申し込みを済ませたら、ジャンプ用のユニフォームに着替えます。(専用の更衣室があり、それで着替えを済ませたら、ロープをつなぐための固定器具を、担当者が体につけてくれます。その後体重を計ります。安全上体重が40キロ以上120キロ以下の人しか飛ぶ事が出来ません。)

 

 

 

Cバンジージャンプをするために外へ移動します。(外に移動したら、担当の人が足にタオルとロープを巻きつけてくれます。これで完全に足は固定された状態になりました。その後、軽くジャンプしながら飛び降りるところの手前まで自力で行きます。)

 

※この時、余裕がある方はマカオの絶景を楽しむ事ができます。地上233メートルからの景色は本当に絶景で、今でも鮮明に覚えています。

 

 

 

Dジャンプ台の手前まできたら、担当者からジャンプをする際の説明を受けます。(落ちるときは手を水平にし、ジャンプして飛び降りるのではなく、普通にすっと落ちてください。との事でした。とにかく重力に体を任せる事が肝心だそうです。)

 

 

 

Eいよいよジャンプします。(下には安全のためのマットレスがひいてあったのですが、正直上からですと、ほとんど確認する事が出来ませんでした。)

 

担当者の「3、2、1、GO・・」という掛け声で飛びます。(自分のタイミングで飛びたかったです。)

 

何秒くらいだったのかな、多分5秒くらいで下まで落ちたと思います。下まで落ちたら数回、落ちたり上がったりを繰り返して、徐々に地上にあるマットレスに着地します。

 

 

 

F終了後はまた61階に戻り着替えます。(無事にバンジーが終わった人には、賞状のようなものが配られます。)

 

 

 

この高さから飛び降りた時のなんとも言えない感覚は、飛んだ人にしか分からないと思います。快感を感じる一方、ものすごい恐怖心でした。

 

でももう一度飛びたいなと思います。少し値段は高いのですが、飛ぶ価値は絶対にあると思いますので、マカオに行った際はぜひ挑戦してみて下さい。